スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CHARTA

4年前になります。
イタリアのヴェネチアに、
初めて行った時のことです。
異常にとりつかれた物があります。
2日目の午後、サンマルコ広場から
散歩にでました。
観光地ともあって、
どの店も盛っており、
レストランやbar意外は
お土産といった店が
多い中“あたかも営業している風で、
入り口にはロープで
完全シャットアウト。
そこに段ボールの
即席看板で
CLOSE
とかいてある。
外のディスプレイは、
有名な画家の絵を
ブックカバーにした本たち。
その時、
いかにも画家像の
機嫌の悪そうな店主が
こっちを眼鏡の下から睨む。
笑えない。
眉を上げたので真似したら
手を上げて
“入れ”と。
こいつはイタリアンじゃない!
江戸っ子だ。
と思うほど媚びてない。
だが店内を見て
衝撃を感じた。
こんなに、
かっこいい物
見たことないぞ!
blog35.jpg

写真では、分かりずらいが
バックスキンに
プリントのしてあるクロッキー。
他にも、アドレス帳やブックカバー。
すべて皮に特殊な製法でプリントしてあり
絵の切り方もカッコいい。



これはヴェネチアの地図が
プリントされたアドレス帳。
blog33.jpg


その時興奮して
必死で想いを伝えたかった
がイタリア語わからず。
グラッツェ。

それから半年ちょっとで
また行く!
前回から帰国後
イタリア語を勉強した。
今回は店をやってたので
スムーズにクリア。
去年来て衝撃を受けた!
と必死の英語。。。
結局英語。
店主が笑った!!!!!
そのあとつながらず、
好きだという想いを
買う本の大きさに託し、
デカイの2冊購入。
また興奮して
ホテルに帰り
夜ラブコールの手紙を書いた。
『弟子入りさせてください。』
次の日、
店は休みだった。
シャッターの下にスッと
入れて帰るも、
未だ返信ならず。
最近はネットで
想いにふけるのです。
好きです。
blog34.jpg


CHARTA
http://www.chartaonline.com

Trackback

Trackback URL
http://omakekonb.blog103.fc2.com/tb.php/13-ac40d72c

Comment

Comment Form
公開設定

twitter de mony.
フォローミー。
月別アーカイブ
カテゴリー
mony文庫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。